格安スマホと格安SIM特集

格安スマホと格安SIMの選び方を紹介

10GB以上の格安SIM比較!テザリング・動画・ゲームアプリにおすすめ

10GB以上のデータ容量を取り扱っている格安SIMを紹介します。

10GB以上の格安SIMは2,000円~3,000円の間で使えるのでキャリアから乗り換えても十分安い金額で使えます。

また、10GB以上の格安SIMを検討するにあたって「無制限プラン」も考えていると思います。

無制限プランは直近3日間の通信速度制限があるのでデータ容量に上限のある10GB以上なら速度規制なしで使えます。

そのためテザリング・動画・ゲームアプリなどでデータ容量を大量に消費する人におすすめです。

10GB以上の格安SIM「IIJmio」

速度安定IIJmio

テザリング:
可能(SIMフリー、ドコモのスマホで可能)
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
なし
容量 データ通信 音声通話
10GB 2,560円 3,260円
その他 詳細 詳細

IIJmioは高い通信品質が売りの格安SIMです。

10GB以上のデータ容量を求めているなら使用用途もテザリングなどでしょうから一定以上の通信速度がないと話にならないでしょう。

それなら「IIJmio」がピッタリです。

IIJmioは格安SIMのシェア2位です。契約回線数は100万回線を突破しています。

格安SIMは利用者が増えるとキャリアから借りている回線(ネットワーク)が込み合うので通信速度が遅くなる傾向にあります。

しかしながら他のシェア上位のOCNモバイルONE・BIGLOBE SIM・楽天モバイルと比較すると速い通信速度を通年維持しています。

IIJmioの通信速度が速い秘密はキャリアから回線を借りて、その回線を別の格安SIM(二次事業者)に貸し出しているので資金が集まりやすいことにあります。

集まった資金は設備増強に回されるので、さらに通信速度が安定して速くなるといった仕組みになっています。

だから利用者が多くても通信速度が速いわけです。

(実際に都道府県別実行速度ランキングで47都道府県中総合1位になっています)

データ容量の10GB以上を求めているなら通信速度が早くて安定しているIIJmioが選択肢の一つとしておすすめです。

10GB以上の格安SIM「IIJmio」の詳細

10GB以上の格安SIM「DMMモバイル」

音声通話の中で一番月額料金が安い

テザリング:
可能(SIMフリー、ドコモのスマホで可能)
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
なし
容量 データ通信 音声通話
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,600円 4,300円
20GB 4,980円 5,980円
その他 詳細 詳細

DMMモバイルは10GB以上の月額料金が最安値の格安SIMです。

DMMモバイルは格安SIMに参入するにあたって自前で通信設備を構えるより他社から設備を借りたほうがコスト的に安くなるのでIIJmioの通信設備を借りています。

IIJmioの通信設備は通信速度が安定して速いのでDMMモバイルの通信速度も安定して速いことになります。

また、DMMモバイルの特徴として通信設備を借りているから設備投資の負担がないため月額料金を安くすることができています。

DMMモバイルの料金は格安SIMの中で最安値を競い合っているので10GB以上の格安SIMで一番料金を安くしたいなら「DMMモバイル」がおすすめです。

データ容量も10GB・15GB・20GBの3種類あるためプランの選択肢も幅広くなっています。

10GB以上の大容量なら容量シェアができる

DMMモバイルは10GB以上の大容量プランならSIMカードを複数枚に分けて容量シェアをすることができます。

追加できるSIMカードは最大3枚迄で、SIMカードの追加手数料やSIMカードの追加利用料は無料です。

(SIMカードを2枚しか使わないこともできます)

しかも料金はSIMカードを追加する前と変わらないので容量シェアしやすい格安SIMとも言えます。

【容量シェア】データSIMのみ 最大3枚
10GB 2,190円
15GB 3,600円
20GB 4,980円
【容量シェア】音声通話1枚 データSIM2枚
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円
10GB以上の格安SIM「DMMモバイル」の詳細

10GB以上の格安SIM「BIGLOBE SIM」

BIGLOBE SIM

テザリング:
可能(SIMフリーは可能だが、ドコモのスマホは不可)
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
なし
容量 データ通信 音声通話
12GB 2,700円 3,400円
その他 詳細 詳細

BIGLOBE SIMはEAP方式のWi-Fiが1ライセンス無料で貰える格安SIMです。

BIGLOBE SIMは老舗のプロパイダですから全国に展開しています。

そのためコンビニ・スタバ・JR主要駅・ホテル・空港・学校・ファーストフードなど全国のあらゆるところに「BIGLOBE Wi-Fi」のスポットがあります。

通常であればこのBIGLOBE Wi-Fiは有料でライセンスの購入が必要になりますが、12GBプランと契約すればライセンスが一つ無料で貰えるので高速データ通信が使い放題のWi-Fiが利用できます。

専用の無料アプリ(オートコネクト)で接続エリアに入れば自動で接続することもできるので外出先でデータ容量の節約ができます。

最初の一カ月は無料で12GBが使える

BIGLOBE SIMでは最初の一カ月間の月額料金は0円になっています。

そのためデータのみ12GB 2,700円または音声通話の12GB 3,400円がタダになります。

月初めに契約すればすごくお得。

ただし、オプションで月60分の無料通話分をつけた場合はオプション代の月額650円は別途必要になります。

10GB以上の格安SIM「BIGLOBE SIM」の詳細

10GB以上の格安SIM「楽天モバイル」

速度安定楽天mobile

テザリング:
可能(SIMフリーは可能だが、ドコモのスマホは不可)
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
1.7GB以上の使用で200kbpsに速度規制
容量 データ通信 音声通話
10GB 2,260円 2,960円
その他 詳細 詳細

楽天モバイルは10GB以上使う人でかけ放題も必要な人に向いている格安SIMです。

楽天モバイルのかけ放題は時間制限があり、5分以内の通話時間であれば何度電話を利用してもかけ放題になるオプションです。

10GBの月額料金は他の格安SIMと比較して安めに設定されているので電話も使うのであれば楽天モバイルが一番おすすめです。(月額料金は初月無料)

ただし、直近3日で合計通信量が1.7GB以上を超えると通信速度が200kbpsに制限されるのでご利用は計画的に行う必要があります。

速度制限の解除は規制日の23時59分までとなっています。

楽天ポイントで月額料金を支払うことができる

楽天モバイルは月額料金の支払いで100円につき1ポイント貰えます。

この貰った楽天ポイントは1ポイントから楽天モバイルの支払いに使うことができます。

そのため楽天ポイントを無駄なく使い切ることができます。

また、キャンペーンやクジ付メールなどで貯めた期間限定ポイントも楽天モバイルの支払いに使えます。

10GB以上の格安SIM「楽天 mobile」の詳細

10GB以上の格安SIM「mineo」

テザリング:
可能
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
auのみ3GB以上の使用で200kbpsに速度規制
容量 データ通信 音声通話
au 10GB 2,520円 3,130円
ドコモ10GB 2,520円 3,220円
その他 詳細 詳細

mineoはマルチキャリア対応だからauスマホでも使える格安SIMです。

格安SIMはスマホと同一キャリアの回線を使っていればSIMロックを解除せずに使うことができます。

同一キャリアの回線でない場合はSIMロックを解除して使うことになっていますが、ドコモ・au・ソフトバンクはそれぞれ通信方式が違うので実は推奨されていません。

そのためauのスマホ・タブレットで10GB以上の格安SIMを探しているなら実質的にmineo一択になります。

mineoのテザリングはキャリアによって可能端末が変わる

mineoのテザリングはドコモ端末だとiPhoneシリーズならテザリングが可能になっています。

しかし、iPhone以外のドコモ端末だとごく一部だけテザリングに対応していてほとんどの端末でテザリング不可能になっています。

auの端末はドコモの端末と真逆で、iPhoneシリーズだけテザリングできなくて、その他のau端末ならテザリング可能になっています。

SIMフリー端末はどの機種でもテザリング可能です。

10GB以上の格安SIM「mineo」の詳細

10GB以上の格安SIM「OCNモバイルONE」

OCNモバイルONE

テザリング:
可能(SIMフリーは可能だが、ドコモのスマホは不可)
データ容量の繰り越し:
翌月まで可能
直近3日間の通信速度制限:
なし
容量 データ通信 音声通話
10GB 2,300円 3,000円
その他 詳細 詳細

OCNモバイルONEは格安SIMの代表的な存在だけど10GB以上には向かない格安SIMです。

OCNモバイルONEは直近3日間の通信速度制限がありません。それに格安SIMでは圧倒的に知名度が高く格安SIMのシェアは1位です。

しかし、プランの中に500kbpsコースがあるので10GB以上の大容量のために利用する格安SIMではないです。

基本的に500kbpsコースのような使い放題のプランがある格安SIMは通信速度が速くありません。

なぜなら他の3GB・5GB・10GBなどで使う利用者層の多い回線と同じ回線を500kbpsコースで使っているので、回線が混雑して速度がでないからです。

そのため10GB以上の大容量で使う格安SIMとしては利用用途によって不満が出る格安SIMになります。

ただし、500kbpsコースを使うなら自分が周りに通信速度の低下を押し付けて、速度制限がありながらも使える恩恵を受ける立場になるのでお得になります。

10GB以上の格安SIM「OCNモバイルONE」の詳細

-格安SIM