格安スマホと格安SIM特集

格安スマホと格安SIMの選び方を紹介

【初心者】格安SIMは結局どこが一番おすすめなの?

【初心者】格安SIMは結局どこが一番おすすめなの?

格安SIM多すぎ!(怒り)

ネットで格安SIMを調べたけど、いっぱいあってどれがいいのかわからない。

そんなあなたに格安SIMシェアTOP5を含めた16種類以上の格安SIMについて調べた私がおすすめの格安SIMを紹介します。

以上の用途別におすすめの格安SIMを紹介します。

あまり具体的なイメージを持っていない方は知名度がある格安SIMシェア1位の格安SIMを選べば失敗はしません。

格安SIMはドコモやauのように2年縛りがないため解約がしやすくなっています。そのため思ってたのと違うと感じればすぐに別の格安SIMを試すことができます。

格安SIMシェア1位

格安SIMシェア1位は「OCNモバイルONE」です。

NTTのグループ会社なので誰もが知ってる会社の格安SIMです。

格安SIMを最初に乗り換えるなら「安心できるところ」ということで選ばれています。

なので加入者数がかなり多いです。

それにキャリアから乗り換えて料金面の安さや使用感なども特別悪くない会社なので解約せずにそのまま使うケースが多いです。

16種類以上の格安SIMについて調べた私から言えば、月額料金面は他の格安SIMより割高です。

でも、他社の独自機能(高速/低速切替・バースト転送など)をいち早く取り入れるので不満がでにくい格安SIMです。

デメリットを挙げるなら通信速度が並みです。速くもなく遅くもなく普通です。

通信速度にこだわりがあるなら格安SIMシェア2位の「IIJmio」がおすすめです。通信速度が安定して速いです。

OCNモバイルONEの詳細

ネットをたくさん使う人

ネットをたくさん使うなら「ネット使い放題」がある格安SIMが良いですよね。

でもそれすごく安易な考えなんです。

ネット使い放題がある格安SIMはネット依存症のヘビーユーザーがこぞって集まってくるのでネットワークがパンパンになって通信速度が遅いんです。

それに通信容量をたくさん消費するYOUTUBE(動画)や連続使用時には速度規制してくる場合があるので使いにくいんです。

だからネット使い放題を望むならネット使い放題がない格安SIMの20GBや30GBのデータ容量を選んだほうが通信速度が速くて快適に使えます。

ネット使い放題は名前からして通信容量の制限が無いように感じ取れますが実際は月に使えるデータ容量が決まっています。

ネット使い放題は直近3日間で1.5GB~2GB以上使うと速度規制されるので月に使えるデータ容量は15GB~20GBです。この規制される通信容量は格安SIMによって違います。

20GBや30GBも大容量プランがある格安SIMでおすすめするのが「BIGLOBE SIM」です。

BIGLOBE SIMは格安SIMの中でも最近かなり力を入れています。料金もかなり安く値下げされていますし、キャンペーンの頻度が多いです。それに取り扱いスマホも15種類以上に増えています。店舗も全国に拡大してきていますし、もともとの光回線のノウハウがあるので回線速度も非常に安定しています。

使い放題プランのある格安SIMを選べば値段的には安く済みますが、回線速度がパンパンで遅く、実際に使えるデータ容量も少ないのでBIGLOBE SIMのように使い放題プランがなくて、20GBや30GBのように大容量プランが用意してある格安SIMを使ったほうがおすすめです。

  • BIGLOBE SIMは直近3日間の通信速度制限がありません。
  • 20GBや30GBを使い切るまで連続使用可能な格安SIMです。
  • 高速/低速切替とバースト転送もあります。

20GB→データ4,500円、音声通話5,200円

30GB→データ6,750円、音声通話7,450円

BIGLOBE SIMの詳細

ネットはちょっとだけの人

ネットはちょっとだけしか使わないならデータ容量は1GBで十分になります。

1GBがある格安SIMは次の通りです。

  • DMMモバイル→1,260円
  • イオンモバイル→1,280円
  • mineo(ドコモ)→1,500円
  • mineo(au)→1,410円
  • BIGLOBE SIM→1,400円
  • Y!mobile→2,980円
  • U-mobile SUPER→2,980円
  • DTI SIM→1,200円

1GBを取り扱っている格安SIMは少ないのでこれだけです。

月額料金を見ると「DTI SIM」が一番安くなっています。100円・200円の差ですけど、DTI SIMは5分かけ放題もあるのでネットと電話の両立がしやすい格安SIMになっています。

DTI SIMの詳細

5分かけ放題のある格安SIM

「5分以内の通話が何度でもかけ放題」

このオプションがある格安SIMは次の3つです。

  • 楽天モバイル
  • もしもシークス
  • DTI SIM

どれがいいのかは好みによって分かれるので特徴を述べます。

楽天モバイル

通話時間が5分を超えた場合、基本通話料の半額(30秒につき10円)で通話できます。<

これは楽天でんわの機能を使っているからです。

短い電話を心がけていてもたまに5分を超えたりするので、そのときには通話料が安くて助かります。

公式楽天モバイル

もしもシークス

ネットをあまり使わないで5分かけ放題が目的ならおすすめです。

  • 500MBプラン
  • 5分かけ放題

のセットで1,830円。5分かけ放題がある格安SIMで最安値です。

しかし、500MB以外のデータ容量は楽天モバイルやDTI SIMよりだいぶ割高なのでおすすめしません。

通話時間が5分を超えたら30秒につき19.9円の通話料がかかります。

公式もしもシークス

DTI SIM

DTI SIMは5分かけ放題のオプション込みで月額料金が最安値です。

もしもシークス DTI SIM 楽天モバイル
500MB ¥1,830 1GB ¥1,980 ベーシック ¥2,100
3.5GB ¥3,030 3GB ¥2,270 3.1GB ¥2,450
5.5GB ¥3,630 5GB ¥2,700 5GB ¥3,000
10.5GB ¥4,830 ネット使い放題 ¥3,680 10GB ¥3,810

しかもかけ放題の通話アプリを使わなくていいので、そのまま電話帳から電話をかけれます。

無駄を省いたサービスなのでスマホのことをあまり知らない人でも使いやすいです。

通話時間が5分を超えた場合は、30秒につき20円の通話料がかかります。

楽天モバイルともしもシークスは5分かけ放題を使う際に専用のかけ放題アプリをGoogle playなどでダウンロードして使う必要があります。

  • 楽天モバイル→楽天でんわアプリ
  • もしもシークス→かけたい放題アプリ

公式DTI SIM

格安スマホも一緒にセット購入する人

格安SIMと一緒にSIMフリースマホもセットで購入するなら「楽天モバイル」がおすすめです。

いつ見てもキャンペーンでSIMフリースマホが40%~70%割引で購入できるのでセット購入するのに向いています。

それに楽天モバイルが格安SIMの中で一番SIMフリースマホの取扱い数が多いのです。10種類以上取り扱っています。

mineoやUQ mobileなどは3種類のSIMフリースマホしか取り扱っていません。しかも結構な低スペです。

楽天モバイルは楽天市場も経営している楽天グループなので最新機種もどこよりも早く発売しています。

そのため楽天モバイルでセット購入すれば古いごみ端末の購入は避けれます。AmazonでSIMフリースマホを買うより安く買えます。

楽天モバイルの詳細

-格安SIM